スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
再送:大手生保の大半は米サブプライム投資残高ゼロ、三井と朝日は評価損
金融窓口サービス技能士入門金融商品コンサルティング業務2級3級共通(2008年版)
 [東京 26日 ロイター] 大手生命保険会社は26日、2007年9月中間決算発表の会見で、米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)関連商品への投資状況について明らかにした。日本生命、明治安田生命、住友生命などは直接投資の残高がないことを明らかにした一方、三井生命や朝日生命は評価損を計上した。
 日生の筒井義信常務は決算会見で、ファンド運用の一部でサブプライム関連商品の組み入れがあったものの「むしろ含み益が発生している」と述べたほか、9月末時点で「売却損も評価損も発生していない」と語った。
 第一生命は、サブプライム関連商品への直接投資はないとしたうえで、会見で渡辺光一郎常務は「ファンド・オブ・ファンズへの組み込みが多少あるが、売り買いのポジションは両立てで今後の決算への影響は限定的」と述べた。
 明治安田生命もサブプライム関連商品への直接投資の残高はゼロであることを明らかにした。会見した堀俊之・運用企画部長によると、保有するヘッジファンドのファンド・オブ・ファンズの「サブファンドのごく一部に(サブプライム関連の)残高があったが(9月末時点で)評価損や売却損はない」という。また、評価損などの計上は「下期にも予想していない」と述べた。
 <三井と朝日は評価損を計上>
 一方、三井生命と朝日生命は評価損を計上した。
 三井生命はサブプライム関連商品への投資残高が30億円あり、9月末で評価損を16億円計上した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆資産運用関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆資産運用関連の無料のレポート情報
【デイトレーダー養成所】勝つ為に必要な益者の教訓

年収2億円の投資家の投資手法知りたくありませんか?
相場の魔術をお教えします。

私、年収2億円投資家の水野貴之がどのようにして、株式投資で稼いでいるか?
その断片をお教えします。

レポートは成功へのメールマガジンと題して私が…

【デイトレーダー養成所】相場の格言集

年収2億円の投資家の投資手法知りたくありませんか?
相場の魔術をお教えします。

本レポートは「相場の格言集 賢者の選択」と題し、相場の格言を私の感想を交え、実践で活かす事ができるものを集めました

株式投資を始められた初心者はも…

スポンサーサイト
【2007/11/30 12:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<[CNET Japan] 2006年の国内ストレージユーティリティサービス市場は、前年比12.5%増の約178億円 | ホーム | 【押忍!オカネ塾】年末商戦でデジカメ市場が熱い! カメラメーカーを狙え!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://investoors.blog101.fc2.com/tb.php/1035-b8363464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。