スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
[CNET Japan] 2006年の国内ストレージユーティリティサービス市場は、前年比12.5%増の約178億円
ジェームズ・キャメロン/タイタニックの秘密 デラックス版<1枚組>
 IDC Japanは11月19日、2006年の国内ストレージユーティリティサービスの市場動向を発表した。 発表によると、2006年の国内ストレージユーティリティサービスの売上げは前年比12.5%増の178億4800万円だった。特にインターネット上でのデータ共有を目的とするストレージASPのオンラインストレージ市場は前年比41.3%と大幅に増えた。これはセキュリティ強化に加え、サービスプロバイダーの宣伝投資拡大や大口企業ユーザーがデータ交換の標準方法として採用したことなどが影響した。 一方、データセンターでサーバーホスティングを利用するユーザーに、ストレージの利用をサービスとして提供するストレージサービスは停滞傾向が続いている。 同社では2006年から2011年までの5年間の年平均成長率は11.1%と予測している。  同社のストレージシステムズ リサーチマネージャーの鈴木康介氏は「国内オンラインストレージ市場は2005年に拡大に転じたい傾向が持続しており、今後もさらなる成長が期待できる。一方、データセンターでのホスティングに対するストレージサービスは、ストレージ製品の容量単価が下降する中で、ユーザーへのサービス価値訴求の点で決め手に欠ける状況が続いている。しかし、今後はデータセンターの堅牢なセキュリティを理由とする利用や事業継続対策目的での利用など、コスト面以外のメリットに着目するユーザーが増えることで市場拡大が予測される」と述べている。

(引用 livedoorニュース)




◆投資関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆投資関連の無料のレポート情報
FX完全攻略!無料プレビュー版!

FX(外国為替証拠金取引)で月利200%を達成したノウハウ実践者もいる有料商材「FX完全攻略!超短期トレード!DVD付き!」の無料プレビュー版です。
立ち読みができない情報商材ですが、こちらから内容が少しわかりますよ。…

60万の大損から復活したてだから言える、こうして初心者は失敗する。

【FX無料レポート】

あなたが抱えているFXについての不安を
不本意ながら身をもって体験しました。

実体験から伝わるFXの魅力やリスクを掲載。

これから始める人は特に必読!!



スポンサーサイト
【2007/11/30 13:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【第二新卒の転職】「もったいない考え方の人が多すぎる」キャリアコンサルタントが語る第二新卒の市場価値 | ホーム | 再送:大手生保の大半は米サブプライム投資残高ゼロ、三井と朝日は評価損>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://investoors.blog101.fc2.com/tb.php/1036-3a3bb9df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。