スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
来週の外為市場はドル弱含み継続か、株価・経済指標など売り手掛かり豊富
スワップ取引のすべて 第3版
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000393-reu-bus_all
 [東京 30日 ロイター] 来週の外為市場でも、ドルは弱含みが続きそうだ。市場では、サブプライムモーゲージ(信用度の低い借りて向け住宅融資)問題をきっかけとする信用収縮リスクを見極める手掛かりとして、引き続き株価動向への関心が強い。
 利下げが広く予想されている12月米連邦公開市場委員会(FOMC)を翌週に控え、米経済指標が注目とする声も多い。ドル売り地合いが強まっているだけに、湾岸通貨や中国人民元の通貨切り上げへの思惑なども、ドル売り手掛かりとなる可能性もある。
 予想レンジはドル/円が108.00円―112.00円、ユーロ/ドルが1.4600―1.4900ドル
 <サブプライム問題の行方が焦点、米年末商戦にも注目>
 来週もドル安地合いが続きそうだ。29日海外市場の取引では一部英銀がサブプライム問題で損失を計上するとのうわさからドルが売られる一方、円に買い戻しが強まるなど、市場では引き続きサブプライム問題をきっかけとする投資家のリスク回避姿勢、株価動向などに対する関心が強い。シティバンクの資本増強などで一部には一服感を指摘する声もあるが、多くの関係者は「問題がどこまで広がるか、いまだに想像がつかない」(外資系金融機関)とのスタンスで、金融機関の損失計上や資金繰り、関連ニュースなどに敏感な反応を示しそうだ。
 0.25%の利下げが予想されている11日のFOMCを前に、米経済指標への注目度も高まっている...

ニュースの続きを読む




◆投資関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆投資関連の無料のレポート情報
インド株で大儲け!オフショア投資なら年利40%!

オフショア投資の第一人者
「インド株で大儲け!」の著者、高橋守がお送りする。

インド株で大儲けの極意が満載!

プロが厳選したインド株オフショアファンドの紹介や、安心、確実なオフショア投資とはどのようなものかなどをあなたにお伝え…

なぜ今、ベトナム株投資なのか??サルでもわかるベトナム株投資の魅力

賢い投資家の間でにわかに熱が高まっている「ベトナム株」

中国・インドに乗り遅れてくやしい思いをしたあなた。

忠告します!これが最後のBIGチャンスです!!!!

100倍も決して大げさではない、アジア最後の大金脈。

こ…

スポンサーサイト
【2007/11/30 19:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<[新製品]ソフマップ、「FF XI」の拡張パック「アルタナの神兵」推奨デスクトップPC | ホーム | <インタビュー>「超大作」公演にこだわる歌手、キム・ジャンフン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://investoors.blog101.fc2.com/tb.php/1040-9ab6cfe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。