スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
〔特集:市場強化〕上場企業は市場に向き合う経営を=野村資本市場研究所
金融窓口サービス技能士入門テラー業務2級(2008年版)
 江本 恵美記者
 [東京 27日 ロイター] 野村資本市場研究所の大崎貞和・研究主幹はロイターとのインタビューで、東京市場の競争力を強化し、国際化するには、上場企業が投資家に向き合った経営方針や資本政策、株式市場の利用法を考えることが「最も迂遠なようで最も早い」との考えを示した。
 貯蓄から投資への流れは定着し、投資信託(公募)の純資産残高は過去最高の約82兆円に拡大した。ただ、大崎氏は、依然として日本の個人投資家の外債志向が強く、国内株で運用する投信に向かう足が鈍いのは、上場企業の魅力の有無に関係していると指摘。そこが解決しなければ、いくら制度を作っても競争力は高められないと述べた。
 インタビューの詳細は以下のとおり。
 ──東京市場の競争力を強化し国際化するとは、どういう意味持っていると考えているか。
 「大きく分けて2つある。1つは日本企業の資金調達が円滑になるための国際化で、外国人投資家が入ってきやすくすること。もう1つは、日本のおカネの国際化の話で、日本の個人のおカネが効率よく運用されるということだ」
 ──国際化するために、具体的には何が求められているか。
 「まず日本企業の資金調達に関連しては、投資家の信頼を裏切らない経営に徹することが重要だ。コーポレート・ガバナンスやコーポレート・ビヘイビア(企業行動)という言葉で表現されるようなことを、安易に世界標準に合わせるべきとも思わないが、欧米の株式市場では当然とされている規範をしっかり守り、投資家の信頼を裏切らないことが、実は国際化になる」
 ──金融庁は「金融資本市場競争力強化プラン」で、プロ向け市場の創設など4つの柱を挙げた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆資産運用関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆資産運用関連の無料のレポート情報
FX(外国為替)初心者でもカンタン!月利10%超え投資法

FX(外国為替証拠金取引)初心者の僕は
昨年10月からトレードを始めました。

株もやったことなく本当に初心者で
ローソク足って何??

っていうところからスタートでした。

FXの甘い誘惑に駆られて

貯金…

【FX】あなたは本当にMACDを知っていますか?

いつもFXのトレードで何気なく使っているMACD。
有名なテクニカル指標ですが、あなたは本当に
MACDを知っていますか?

このレポートではMACDの見方、弱点をポイントを押さえて
まとめてみました。
是非ご一読を!




スポンサーサイト
【2007/12/04 12:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ガソリンや食料品が値上がりしていく時代の資産運用 | ホーム | 訂正:今日の株価格付け一覧=日興シティグループ証券>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://investoors.blog101.fc2.com/tb.php/1062-e47d4ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。