スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大学発ベンチャー企業の現状調査(28)=「エンジェル税制」拡充も検討課題=経産省
LBPーA694 LBP用ラベルシート A4 24面カット
【PJ 2007年11月22日】- (27)からのつづき。初期段階の大学発ベンチャーの資金調達は厳しい状況にある。この要因としては、①技術そのものに新規性や先端性が高いがゆえにリスクも高いこと、②経営面での脆弱(ぜいじゃく)性があること、③事業のリードタイムが長いことからその間のリスク(経営環境の変化)等があることが挙げられる。

 資金供給状況のうちエンジェル投資について、大学発ベンチャー立ち上げ期への資金調達先を件数ベースでみると、自己資金が8割と高く、親兄弟親戚などが約3割、続いて民間金融機関となっており、自らの知己からの資金調達件数が大きい。個人投資家からの資金調達は、全体の2割弱となっている。

 創業や設立初期段階は、リスクの高さから金融機関からの資金調達が難しく、その結果としてリスクを抱えることのできる個人からの投資が中心となる。こうした個人投資家からの投資が増大させるためには、リスクも高いが将来の大きなリターンも期待できる「創業期」への投資に対して、税制上のさらなる優遇策を期待する声もある。

 個人投資家によるベンチャーへの投資を国際比較すると、英国ではエンジェル税制を活用した投資が4億ポンド(約800億円規模)と日本における20億円の約40倍に相当している。また、米国においては、シーズ期においてリスクマネーを供給する主体として、約200億ドル(約2兆円規模)にも及ぶ大規模エンジェル市場が形成されている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆株関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆株関連の無料のレポート情報
【デイトレーダー養成所】勝つ為に必要な益者の教訓

年収2億円の投資家の投資手法知りたくありませんか?
相場の魔術をお教えします。

私、年収2億円投資家の水野貴之がどのようにして、株式投資で稼いでいるか?
その断片をお教えします。

レポートは成功へのメールマガジンと題して私が…

【デイトレーダー養成所】相場の格言集

年収2億円の投資家の投資手法知りたくありませんか?
相場の魔術をお教えします。

本レポートは「相場の格言集 賢者の選択」と題し、相場の格言を私の感想を交え、実践で活かす事ができるものを集めました

株式投資を始められた初心者はも…

スポンサーサイト
【2007/12/05 11:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<JT、日清、加ト吉の三社、冷凍食品事業を統合 | ホーム | 今日の株式見通し=続落、米株安と円高受け売り先行で始まる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://investoors.blog101.fc2.com/tb.php/1071-8e803eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。