スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
商品版FXが登場 「商品CFD取引」のしくみとは? 
ミッドプラスのコンセプトはそのままに、CAPグロメットを標準装備して、もっとパワーやスピンを...
■価格上昇を続ける商品市場で新たな金融商品が本格的に参入

 一時は1バレル100ドルの大台に迫るなど、過去最高高値を記録した原油価格。ガソリン価格への影響は深刻で、いまや家計を逼迫するまでに至っている。8月には600ドル台だった金価格も11月下旬には800ドル台と、依然、右肩上がりの状況が続く、資源・貴金属といったコモディティ価格。バイオ燃料関連による穀物価格の上昇も記憶に新しいところ。中国やインドといったBRICs諸国や、それ追随するVISTAの次世代新興諸国の経済成長は、これらコモディティ価格をさらに押し上げる要因として世界中から注目されている。

 こういったコモディティ価格の高騰に伴い注目を浴びているのが、商品先物取引などに代表されるコモディティ市場だ。かつてはそのリスクや投機性の高さから敬遠されていた商品先物取引も、オンライン取引の普及に伴い身近な存在となり、実際に取引しているビジネスマンも少なくない。

 そんな中、コモディティ市場に新たな金融商品が登場した。それがコモディティ版FXともいえる、「CFD取引」だ。

■注目のキーワード「CFD」とは? 

 CFDとは「Contract for Difference」の略で、商品、金融証券、またはそれらを元に派生した金融商品などの取引における「差金決済」を指す。株式投資のように取引所が注文の取次ぎを行う取引所取引ではなく、投資家が取引する相手(取引会社)がそのまま取引相手となる、相対取引(非取引所取引)での決済となる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


SHOEI RFX


◆FX関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆FX関連の無料のレポート情報
株マスターの個人投資家王国 丸秘投資術

ブログ・メルマガで人気の株マスターと株大王が、丸秘の投資術を、強い個人投資家を作るをスローガンに誰にでもわかる様に披露!少しずつですがしっかり勉強して下さい!ファンド・仕手筋・その他の大口に負けない、強い投資家になって、市場で活躍してくださ…

あなたの株式投資の儲けを2倍にする特別レポート

「株価はなぜ動くのか」

過去、日本株はどういう理由で上昇したのでしょうか?
それは言うもでもなく、外国人投資家が日本株の「需要」と「供給」を変えたからで、外国人投資家が日本株を大きく買い越したからです。

そして、この外国人投資…

スポンサーサイト
【2007/12/08 10:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<定期分配型ファンドの11月末純資産は‐4.5%=リッパー | ホーム | 独仏の株価指数の評価を引き下げ、英とスイスは上げ=ゴールドマン>>
コメント
野球
野球を探すなら http://www.carrot-import.com/101070/200168/
【2008/11/13 13:25】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://investoors.blog101.fc2.com/tb.php/1098-94b2815d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。