スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マザーズ企業の1部くら替え過去最高 新興市場形骸化も
肩・腰・関節の痛みに フェルビナク製剤 鎮痛消炎プラスター剤 パスタイムFX温感 医薬品 1...
 東京証券取引所の新興企業向け市場「マザーズ」から1部市場にくら替えする企業が、今年は過去最高になることが確実となった。堅調な企業業績を背景に、より株式の流動性の高い市場に「昇格」した結果だが、同一の取引所内の市場変更が増えることには、「新興市場の形骸(けいがい)化を招きかねない」との批判もある。
 マザーズから1部市場への変更は、昨年の2社に対し、今年は月内に予定する3社を含めて計8社。12月だけで、4社とハイペースだ。
 過去最高だった平成17年の6社を超えるとともに、今年だけで、14~18年までの計17社(2社は2部経由)の半分近くに上る計算だ。
 東証は市場変更が増えていることについて、「新興企業の成長を支援した望ましい結果」と評価している。ただ、証券業界は「新興市場が踏み台になっている」(証券系シンクタンク)と冷ややかだ。
 マザーズは11年の開設当初、1、2部市場と並列の位置づけだった。米国の新興市場のナスダックのように、企業が成長しても、ニューヨーク証券取引所にくら替えしないような市場を理想としていた。
 ところが、市場に上下関係が生まれ、あるべき姿からは遠ざかりつつある。”ライブドア・ショック”が尾を引き、不信企業の集まりというイメージも定着する中で、「新興市場を発展させる熱心さが感じられない」(米系証券)との指摘もある。
 10日に、マザーズから1部に市場変更するM&A(企業の合併・買収)助言会社、日本M&Aセンターの飯野一宏執行役員は「取引先に安心感を与えるための信用補完だ」と、市場の信頼性に疑問を抱いていたことを打ち明ける...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆株関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆株関連の無料のレポート情報
インド株で大儲け!オフショア投資なら年利40%!

オフショア投資の第一人者
「インド株で大儲け!」の著者、高橋守がお送りする。

インド株で大儲けの極意が満載!

プロが厳選したインド株オフショアファンドの紹介や、安心、確実なオフショア投資とはどのようなものかなどをあなたにお伝え…

なぜ今、ベトナム株投資なのか??サルでもわかるベトナム株投資の魅力

賢い投資家の間でにわかに熱が高まっている「ベトナム株」

中国・インドに乗り遅れてくやしい思いをしたあなた。

忠告します!これが最後のBIGチャンスです!!!!

100倍も決して大げさではない、アジア最後の大金脈。

こ…

スポンサーサイト
【2007/12/09 11:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<パート4はあるの?『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの視覚効果スタッフが驚きの舞台裏を大公開! | ホーム | <プレスリリース>伊藤忠商事、米Convergence CT社と資本・業務提携>>
コメント
サービスパックで中高年の転職
サービスパックとは、マイクロソフト社が公開した修正プログラムをまとめたもののことを言う http://twister.ellingtonrecords.com/
【2008/10/30 08:19】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://investoors.blog101.fc2.com/tb.php/1107-af4e8ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。